拉致認定を求める

 拉致問題の進展そして解決(被害者の帰国)を、日本の心あるほとんどの国民は願っている。
 しかし、それがほとんど進まない。

  いったいなぜ?

 本人の写真が北朝鮮から出てきても、北朝鮮で目撃されても、実行犯の告白があっても拉致認定しない日本政府。
 どこの誰に聞いても、日本の各国大使館の大使や公使・書記官も「なぜ、日本政府は認定しないのか?」と言う。
 日本の恥をさらしているようで、誠に情けないことだが大使館員の方々にさえ同情される。

 何を恐れて日本政府は認定しないのか?認定することにどんな問題があるのというのか?認定すると誰か困るのか?面倒な仕事が増えるからなのか?もし違っていたらその責任を取らされるのを恐れているからなのか?認定してもしなくても自分には関係ないことだからなのか?家族があきらめるのを待っているのか?拉致問題をこれ以上大きくしたくないからなのか?拉致問題を封印したいからなのか?北朝鮮を刺激するからなのか?北朝鮮を怒らせるのをこわがっているのか?北朝鮮が認定するのを待っているのか?そもそも、拉致された日本人被害者を取り返す気が日本政府にないのか?・・・・・様々な疑問や不信が沸いてくる。

 日本政府による公の拉致認定が拉致被害者の命を守ることになり、北朝鮮への最も簡単にできる暗黙の「圧力」になる思うのだが・・・

 認定すら躊躇し続ける日本政府の姿勢が、拉致問題進展の大きな障壁になっている。

 拉致問題の進展とは、政府が認定する残り12人だけを取り返すことでは決して ない。認定されていない宙ぶらりんな状態にある数百名の特定失踪者を一人でも多く認定し、「拉致被害者」として公に、特に北朝鮮当局に発信することで、北朝鮮も拉致し管理している日本人に対し、そう簡単に手を出せなくなる。国による正式な拉致認定が、北朝鮮で助けを待っている被害者の身の安全を確保することにつながる、と私は思う。

 今すぐに日本でできること

 ひとりでも多くの特定失踪者等の早急な拉致認定を日本政府に求める。

 
 

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中