兄 藤田進 55歳の誕生日

 昭和31(1956)年6月16日、埼玉県川口市の自宅で産声を上げた兄 藤田進。
 今日(6月16日)が兄の55歳の誕生日にあたる。
 日本で生まれ、19才まで大きな病気や怪我もなく順調に成長していた。ところが・・・・

 昭和51年2月7日、大学1年時、忽然と消えてしまった。

 28年後(平成16年)の夏、1枚の写真が北朝鮮から日本にもたらされ、その写真に写る人物が兄 藤田進であると鑑定された。兄は北朝鮮に拉致されていたことが判明したのである。
 兄が拉致されて 35年と5ヶ月が過ぎてしまった。
 体育の教師を夢見ていた兄のその後の人生は、北朝鮮によって打ち砕かれてしまった。何の罪のない日本の家族を引き裂き、人生を奪う 理不尽は今も続いている。

 兄は今、北朝鮮のどこかに隔離され監禁されているに違いない。

 自分の55歳の誕生日、兄は今日 どこでどんな思いでいるのだろうか?

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中