「キューポラのある街」と北朝鮮による拉致 ②

 今からちょうど33年前の5月21日に、川口の新木章さん(当時29才・銀行員)が消えてしまった。
 あってはならないことが起きてしまった。家族は章さんの帰りを待ったが、その後今も自宅に帰宅していない。あれから、33年の月日が経って、新木さんは今62歳になっている。その間、両親は他界し残された妹弟が今も兄の安否や消息を案じている。
 約8年前、北朝鮮から5人の拉致被害者とその家族が帰国を果たした。その中に、日本政府に拉致認定をされていない人がいた。その人の名は「曽我ひとみ」さん。日本政府も、拉致だと認識していなかった日本人がタラップを降りてきたのだ。あわてて、日本政府は拉致認定をし一緒にいなくなった母の曽我ミヨシさんも拉致被害者に認定されることになった。曽我ひとみさんは、北朝鮮で「お母さんは日本にいる」と教えられ、本人も日本に帰れば母に会えると思っていた。ところが、帰国しても母がいなかった。
 北朝鮮は、ウソを言っていた事になる。人を連れ去りさらに、連れ去った人にも平気でウソを言えるその神経が狂っているとしか言いようがない。
 
 曽我さん親子が拉致されたのは、昭和53年8月12日。その約1年前の昭和52年の5月21日に、埼玉県川口から消えた人が、銀行員の新木章さん。特定失踪者問題調査会が、新木章さんを「北朝鮮による拉致の疑いが濃厚な」1000番台として発表したのが、約6年前
 新木さんは、日本の映画で、吉永さゆり主演の「キューポラのある街」にエキストラとして出演している。その話を、新木さんの妹さんから聞いてわたしは驚いた。
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

「キューポラのある街」と北朝鮮による拉致 ② への2件のフィードバック

  1. 「キューポラのある街」と北朝鮮による拉致 ①
    投稿日: 2010年5月8日 投稿者: ryokuhuuka
     

  2. 伊野部彦慧いのべひこえ より:

    北朝鮮帰還を嬉々として受け入れ帰国された哀れな人々のことはともかく、北はパラダイスと喧伝してこれを奨励した我が国の政治家、マスコミ(朝日新聞や岩波書店など)、学者、文化人(大江健三郎・・)を貴兄は許せましょうか。
    私の周辺に拉致被害者が居なかったことは、たまたまの幸運というべきでしょうが、娘や息子を生きたまま攫われた肉親の思いを想像するだけで、私には堪忍がどうしても納まらない。そういう人々はいまだぬくぬくとして、憲法改訂反対や原発反対に、徒党を組んで美辞を並べ、うつつを抜かしているからです。かつては、天皇制や日米安保は魔女のようなもので、市民よ、魔女刈りに立ち上がれと叫んでいた人々です。

    北を楽園と言いふらし、中ソは平和勢力であって米国帝国主義とその手先である日本政府は悪の権化だと、当時(学生時代)思い込んでいたらしい同級生は競って「キューポラのある街」を見に行き、私たちもおおいに誘われたものです。
    ただ誤解していただきたくないのは、そういう左向きの偏向学生はやはり少数派だったことです。大半は「無責任な左に載せられてたまるか・・」と思っていたということです。

    あれから半世紀近くが経ちますが、当時の仲間で時折新宿辺りに集まって囲碁などをやったあと、焼酎を酌み交わします。当時の思い出ばなしにも、このキューポラが一種揶揄の対象として、出てきたりしています。
    時世やマスコミに右往左往するな、むしろ過酷・冷徹な血塗られた欧州の歴史を読め・・、選ぶなら古典を読め・・と極く当たり前のことを、多くの日本人は周囲から教えられてきたはずです。そういう仲間に囲まれていたことも私の幸運でした。
    ですから、国の名前に「民主」などと付ける国にはろくなものはないことを多くは知っていました。就職したあと70年代も、ソ連の崩壊は何時のことかか?賭にしようや・・などの冗談も飛び交いました。俺たちが死ぬまではなんとか持つのでは・・との観測もありましたが、1990年にはもう崩壊が始まり、さすがにこの早さは誰も当てられなかった。お笑いでしょうが、いずれ北朝鮮も中共も同様の運命を他動でしょう。かわいそうなのは国民の方でしょう。

    我が国にはいろんな意見や見解があり、どれを採るかはなかなかむつかしいのですが、テレビ、雑誌、新聞などのムードに惑わされぬ独自意見の持ち主も大勢残っていることを、どうか思い出して戴きたく、長文を敢えてお送り致す次第です。真善美などといいますが「虚偽・汚辱・醜悪」の悪臭国家が世界には溢れています。
    伊野部 彦慧いのべひこえ 1941年生まれ 71歳 東京都町田市寺に在住、そだちは高知市

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中