34年前の2月7日、川口の藤田進さんに何が? 特定失踪者問題を考える集い

【集会のお知らせ】
34年前の2月7日、川口の藤田進さんに何が?
特定失踪者問題を考える集い
 昭和51年2月7日「新宿方面へガードマンのアルバイトに行く」と言って、川口の自宅を出たまま、その後行方不明の 藤田進(19・大学1年生)。その失踪の理由は?
 北朝鮮から流出した1枚の写真の人物が専門家の鑑定で、本人であることが判明して5年半になる。
 未だ、日本政府の認定を受けていない。
 家族は今、何を思う。そして、これから・・・・

日時:平成22年2月7日(日)午前10時~12時 9時半開場
場所:川口駅前東口 キュポ・ラ 7階 メディアセブン プレゼンテーションスタジオ 入場無料
主催:藤田進さんを救う会
後援:拉致問題を考える川口の会
協力:映像教育研究会・東京ブルーリボンの会

インターネットで同時生中継します。
http://ustre.am/8Spk
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 政府認定の拉致被害者 田口八重子さんの本籍は川口市。その川口に関係する、拉致の疑いが排除できない特定失踪者は現在5名公開されている。その中の一人がわたしの兄、藤田進です。(新潟に同姓同名の特定失踪者、藤田進さんがいる)
 今回の集いでは、兄の友人知人の話や近辺の特定失踪者家族の話も予定しています。
 さらに、スクリーン映像で、写真や動画も観て頂き、拉致問題の謎と闇に迫ります。

 
プログラム 予定
1、藤田進の弟 藤田隆司(私)の話 (失踪から34年、今想うこと)
2、【映像】北朝鮮から届いた1枚の写真
3、藤田進の知人友人の話(小中高大それぞれの学友)
4、近辺の特定失踪者家族の紹介
5、【映像】「命を奪るな!自由を還せ!」映像教育研究会編
6、「あなたを忘れない」合唱(作詞作曲 稲川和男)
 多くの皆様のご来場をお待ちしております。(藤田隆司)

■ブルーリボンに願いを込めて 必ず取り戻す すべての拉致被害者■

追記:毎月第1日曜日の午後2時から2時間、拉致問題を考える川口の会では川口駅前にて北朝鮮による拉致被害者救出のための街頭活動(主に署名活動)をしています。今度の活動は上記集いと同日の2月7日(日)です。活動を支援して頂ける方、随時募集しています。
【問い合わせ】拉致問題を考える川口の会 事務局 048-267-0687(飯塚)

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中