拉致問題アニメで人権教育 埼玉県教委が手引作成

 北朝鮮による拉致問題を学校教育に導入して欲しいと思っていたところ、下記のような新聞記事が・・・

拉致問題アニメで人権教育 埼玉県教委が手引作成 2010.1.12 16:46 産経ニュース 埼玉版
埼玉県教育委員会は、北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」を授業に積極的に活用してもらおうと、教師用の指導手引を作成した。さいたま市を除く県内の公立小中高校に配布している。

 アニメ「めぐみ」は横田めぐみさんが拉致された事件を題材に、家族の苦悩や救出活動を描いた作品。

 手引では小学6年、中学3年、高校2年向けのアニメ試聴後の授業展開を紹介。被害者や家族の心の痛みに共感する心情育成などを配慮して指導するよう求めている。

日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」

埼玉県教委が作成した日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」を活用した授業の手引


 埼玉県は、全国でも拉致問題に対する取り組みが活発で、先の12月1日に行われた「拉致問題を考える埼玉県民の集い」では県が主催し1700名もの来場があった。これは、埼玉県の上田清司知事の拉致問題に対する姿勢が県政に反映されていると言うことだと思う。

 ただ、疑問なのが埼玉県の県庁所在地のさいたま市(旧浦和・与野・大宮・岩槻)が除かれている点である。なぜなのだろうか?

 去年の夏、さいたま市長選挙があり民主党推薦の清水勇人(しみずはやと)氏が当選し、現在市長を勤めている。市長選 出馬表明では、現在「みんなの党」代表の渡辺嘉美氏が同席している。http://www.youtube.com/watch?v=1VVh-e3V7J4

さいたま市長http://triplestars.jp/shimizu-hayato/

 拉致問題は所属政党には関係なく、日本の政治や行政を司る方々には日本人の人権問題として率先して取り組んで欲しい最重要課題であり、一刻も早く解決されなければならない問題である。なぜ、さいたま市だけが除かれているのか?今後、その背景にある何かを突き止めたい。

 ちなみに、さいたま市立大宮西高校 新聞部は過去、拉致問題を題材に取材をしてくれたし、署名活動の応援にもきたくれたことがある。http://www.ohmiyanishi-h.city-saitama.ed.jp/bukatsudou/shinbun/rachimondai.pdf

http://www.ohmiyanishi-h.city-saitama.ed.jp/bukatsudou/shinbun/shinbun21.pdf

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中