松原商店街 街頭署名 コスモスの会

 昨日12月23日(天皇誕生日)、拉致被害者を救うコスモスの会主催の街頭署名の応援に行ってきました。場所は神奈川県保土ヶ谷区宮田町松原商店街で、午後1時ごろから歳末商戦でにぎわう中、約400名の署名を頂くことができました。参加した方は、コスモスの会の代表山本氏、特定失踪者大沢孝司さんの兄、特定失踪者藤田進の弟(私)とボランティアの2人の5人。約3時間の街頭活動でしたが、買い物途中の多くの方々からこころある支援と署名を頂くことができました。多くの人から「はやく、なんとかしなくちゃね」「がんばってください」「私、めぐみさんと同じ年なの。人事ではないわ」「いいかげんにしないか北朝鮮」「はやくかえせばいいのに」などなど・・励ましや共感、北朝鮮への怒りの言葉を下さった。
日本人は拉致問題を忘れてはいない。必ずこの問題を解決する多くのこころある真っ当な日本人が主流を占めつつあることを実感した。こうした波を日本のすべての人々に伝播し真っ当な世論を形成していく必要を感じた。年末もおしせまり、新年を迎えようとしている日本ではあるが、今年こそ・・・と願っていた被害者の帰国や奪還には至っていない。
 新たな年を前にこれまでの反省や来年の戦略をもっともっと具体化する時がきている。
 特に日本の政治家や指導的立場の方々には、拉致問題の全面解決・解明に向けて、しっかり働いて頂く来年にしたい。
 
 
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中