24年前の11/22に失踪した 林かな子 さん

 今から24年前の11月22日、一人の若い女性が消えている。昭和60(1985)年11月22日失踪
彼女の名前は「林かな子」さん。
林かな子さん(失踪当時25才)
 特定失踪者問題調査会が把握する失踪者の一人http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?word3=130&mode=search3で、同会は既に彼女の失踪理由は北朝鮮による拉致の可能性が高い、1000番台と判断している。

失踪場所 東京都大田区の自宅
失踪状況 会社の上司に「風邪気味なので21、22日両日休ませて欲しい」と了解を求めて休み、そのまま失踪した。ほとんど何も持たず普段着姿で出かけた模様。失踪の数日前母親に「トイレットペーパーを買っておいて」と言っていた。北朝鮮にいるとの不確定情報がある。
 東京の住宅街での失踪で、北朝鮮による拉致などとは当時誰も疑っていなかったに違いない。しかし、調査会が発足して日本の各地から自分の家族も北の拉致ではないかという電話が殺到した。その数約五百。家族は消えた理由がわからず、悶々とした日々を送っていたに違いない。生きているのかどうかも解からない。失踪する理由が自分の ある言葉 が原因だったのではないかと、自らを責め続けていたのではないだろうか?北朝鮮による拉致などとは思いもせずに・・・
 北朝鮮による拉致は明らかな犯罪であり、あってなならないこと、やってないけないこと。それを国が指揮していたことが明らかになっている今、日本は日本人はもっともっと怒るべきだと思う。拉致は、被害者だけではなく、その家族をも苦しめ続けていることを知って頂きたい。
 
 今年の5月「週刊現代」に2人の日本人女性の目撃情報が掲載された。その内容は、「本年に北朝鮮から帰国した日本人が、ピョンヤンで7年間にわたって拘束されていた間に、林かな子さんと加藤小百合さんによく似た人物を目撃した」というものである。
 この記事が出てから、半年。日本の関係する機関は、どう対処しているのか?未だに何も伝わって来ない。
  ちなみに、11月22日が誕生日の公開されている特定失踪者はなんと、坂本とし子さんhttp://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?word3=23&mode=search3など、4人もいる。不思議な一致が多い特定失踪者。
 
 

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中