日本の中の北朝鮮

 私はいつも不思議に思う。日本には日本政府があり、国交の無い国 北朝鮮の日本支部とも言える「朝鮮総連」が厳然と存在する。その本部が東京のど真ん中にある。
 いつも、警官が正門の前にいて入退場者を見張っていて、ものものしい雰囲気を漂わせている。なぜ、日本政府はこの組織の幹部に「拉致問題」の解決を促さないのか?
日本政府が北朝鮮との連絡をどのようにやっているのかは不明だが、政府が朝鮮総連に「拉致問題」の解決を提起したという話は聞いたことが無い。
 昨日、11・17に拉致議連の総会が開催された。報道によると、

超党派の国会議員でつくる「拉致議連」(平沼赳夫会長)は17日午前、都内の憲政記念館で衆院選後初の総会を開き、新役員を了承した。

 会長は平沼氏が留任し、会長代行には中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相の留任に加え、河村建夫官房長官が新たに就任した。顧問には鳩山由紀夫首相、安倍晋三元首相らが留任し、麻生太郎前首相が加わった。衆院選後空席となっていた幹事長には自民党の古屋圭司氏が就いた。 総会では会員数が報告された。衆院選前は208人だったものが、衆院選後に自民党の惨敗で132人に激減。その後、民主党の新人議員を中心に94人が入会し、総勢226人での再出発となった。 平沼氏は「急逝した中川昭一元財務相の遺志を継いでこの会を盛り上げていきたい」と強調。中井氏は「難問解決の突破口を開けるように全力でぶつかっていきたい」と述べた。

 拉致被害者の家族会の飯塚繁雄代表や救う会の西岡力会長代行、特定失踪者問題調査会荒木和博代表らも出席。拉致議連と連携して活動を進めることを改めて確認した。http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091117/stt0911171241009-n1.htm


 新しい「拉致議連」には、これまでにできなかったことをぜひ実現して欲しい。名前だけの議員や行動しない議員は要らない。家族の話や特定失踪者問題調査会の話をよくよく聞いて、実のある「拉致議連」になって欲しいと思う。日本の中の北朝鮮、朝鮮総連に直接 拉致問題の解決を促す行動する拉致議連であって欲しい。

ちなみに、当日出席した調査会の荒木代表から次のような要請書が各議員に配布されている。


                     平成21年11月17日
拉致議連の皆様へのお願い
                   特定失踪者問題調査会代表  荒木和博
 平沼会長はじめ拉致議連の皆様には平素大変お世話になっております。総選挙初の総会で新たに入られた方々も多いので、失礼ながら当面お願いしたい点を二つ記させていただきます。

1、認定について

 現在政府が拉致認定するにあたっては警察の発表した(何かの会議で決まったものではありませんが)3要件を満たすものということになっています。その内容は
 (1)北朝鮮の国家的意思が推認できる
 (2)行方不明者が北朝鮮に現に存在する
 (3)本人の意思に反して連れ去られた
  ですが、寺越事件は明らかにこれに該当すると思われるのに認定されず、逆に政府認定者でも曽我ミヨシさんのように3要件を満たさなくても拉致とされているケースが存在します(もちろん曽我ミヨシさんも拉致であることは明らかですが)。
  この3要件の見直しについては中井洽・拉致問題担当大臣もたびたび言及しておられます。議連としても強くはたらきかけていただきたくお願いします。
  その入口として、寺越事件の被害者3人(寺越昭二さん、外雄さん、武志さん)について、早急な拉致認定を行い、かつ平壌にいる寺越武志さんの送還を求めるようお願いいたします。

2、新人議員の方々向けのプレゼンテーションの主催について

 今回大幅な衆議院議員の入れ替わりによって、これまで拉致問題に直接関わってこなかった方も多く拉致議連に入られています。まだ入っておられない方々への拉致議連のPRも含め、次のような形での拉致問題及び北朝鮮人権問題に関するプレゼンテーションをご検討いただければ幸いです。

(1)実施時期 適当な日の10:00頃~16:00頃
 (2)場所 議員会館会議室
 (3)内容 拉致問題・北朝鮮人権問題関連NGOによる展示及び資料配付

※各団体が資料等を持ち寄り、議員は開催時間中の適当なときに来訪して説明を受け、また資料等を受け取る。全体の主催を拉致議連が行う。

 以上勝手ながらご検討賜りますようお願い申し上げます。


◆拉致議連役員(21.11.17現在)
顧  問   高村正彦、鳩山由紀夫、石破茂、小池百合子、安倍晋三、麻生太郎
会  長   平沼赳夫
会長代行   中井洽、河村建夫
副会長    原口一博、山谷えり子、漆原良夫、衛藤晟一、中川義雄、中山恭子
幹事長    古屋圭司
副幹事長   渡辺周、森ゆうこ、山本一太、山根隆治、西村康稔、江藤拓
事務局長   松原仁
事務局長代理 高木毅
事務局次長  笠浩史
会計監査   竹内譲
幹  事   稲田朋美、鷲尾英一郎、塚田一郎、菊田真紀子、有村治子、長島
昭久、佐藤正久、松浪健太
(電脳補完録より)http://nyt.trycomp.com/

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中