脳科学ブログ で紹介されました

 わたしは朝が好きで、16才になる愛犬(カイ)を連れて荒川の土手へ散歩に行くのを楽しみにしている。この犬が我が家に来た頃は、活発で何でも興味を示し、土手を走り回っていた。自由が好きな犬で、手綱を外すと生き生きと本来の野生が戻るのか、よく穴を掘っては匂いをかいで何かを探していた。自分もいぬ年のせいか、犬は好きでその行動やしぐさを見ているとおもしろい。16年我が家の家族として暮らし、犬としては長生きな方で人間に例えると、70才~80才ぐらいになるのだろうか、歩くのもかなり遅くなり、走り回ることもなくなった。目も半分見えないし、耳もかなり遠くなった。
 2日に1回ぐらいのペースで、土手に散歩に行く。ちょうどその頃に散歩やジョギングなどをする人が増える。6時半になると、わが母校の前でラジオ体操が始まる。
 その中に、以前から懇意にさせて頂いている先生がいる。その先生は、脳科学の権威で自ら、「脳科学ブログ(教育への架橋)」http://blog.canpan.info/brains/というブログを開設し、様々なことを紹介したり解説している。その、ブログにわたしが紹介され写真も掲載して頂いた。おもしろいブログですので、ぜひアクセスしてみて下さい。
 拉致問題を考える川口の会で作成した、チラシものせて頂いた。今日10月31日、川口で「拉致問題をかんがえる自治体フォーラム」が開催される。
 そして10月31日は、高野清文さんの53才の誕生日。兄、藤田進と同じ昭和51年、東京電気通信大学2年生の夏、神津島で行方がわからなくなった20才の青年が失踪して33年。北朝鮮による拉致の疑いが極めて高いと私は思っている。なぜなら、自殺や家出の理由が見あらないこと、兄と同じく若い男性の失踪が多発した武蔵野地域の学生だったこと、そして北朝鮮と密接に関係する神津島での失踪、その他もろもろ・・・
 必ず取り戻す すべての拉致被害者
高野さんの妹;美幸さんのブログhttp://konaboration-ssq.seesaa.net/
 
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中