鳩山総理への手紙(特定失踪者家族からの)

 aoi blog http://aoinomama13.seesaa.net/article/130216128.html によると、去る10月12日、神奈川県横浜市で開催された県民集会で、特定失踪者の3家族が鳩山総理宛ての手紙を民主党の もとむら議員 に手渡したことが写真つきで詳しく報告されている。ぜひ、アクセスして見てほしい。
 その3家族とは小林榮さんの弟夫妻、寺島佐津子の父と母、そして高野清文さんの妹さんの5人です。わたし(藤田進の弟)も、集会に参加したかったが、同日川口の鋳物工場内での署名活動のために出席できなかったのが残念。政府認定を受けていない特定失踪者の家族は大きな声で、拉致被害者とは言えない。だが、拉致の可能性が極めて高い方々が徐々に声を上げ始めた。マスコミではほとんど報道されなくなった特定失踪者。わたしは、拉致問題の本丸は「特定失踪者問題」であると思っている。政府認定の拉致被害者が先行部隊で、横田夫妻や増元さん、飯塚親子などの家族会の皆様が前面に出て、世論に訴えている。その、後ろに本丸である「特定失踪者家族」が数百人以上いる。
 今回の3家族の総理宛ての手紙の内容は公開されていないが、去る7月1日に総理官邸での官房長官宛ての特定失踪者家族の手紙はすでに公開されている。
 近々、特定失踪者家族と鳩山総理の面会が実現できればよいが・・・
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中