国井えり子さん(17) 失踪から41回目の誕生日

 10月11日は、特定失踪者「国井えり子」さんの誕生日にあたる。昭和26年の同日、国井えり子さんは生まれた。きのうで満58才になっている。
 国井えり子さんが失踪したのが昭和43年12月12日。高校2年、17才のとき北海道網走の自宅から制服のまま消えている。有り得ない出来事である。その悪夢から今年で41回目の誕生日が過ぎてしまった。彼女は、調査会の調べで、拉致濃厚の1000番台の特定失踪者である。すでに、脱北者からもたらされた国井えり子さんとされる写真が日本に来ている。彼女の失踪の理由は、北朝鮮による拉致であることはほぼ間違いが無い。40年以上も前から現在に至るまで「ひとさらい」が日本で実行されていたことを、もっともっと公にされてしかるべき重大な問題である。と私は思う。国井えり子さんは北朝鮮のどこかで、今でも日本に帰れる日を待ち望んでいるに違いない。
詳しくは特定失踪者問題調査会のホームページをご覧下さい。http://www.chosa-kai.jp/

 不思議なことに、同じ10月11日が誕生日の公開されている特定失踪者が他に2人(薩摩勝博さんと高見到さん)いる。さらに、埼玉大学大学院生だった矢島さんや浦和西高校出身で北海道で働いていた小野寺さんも北海道で失踪している。同じ何かを点と線で結びつける何かが必ずある。
 
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中