今度こそ・・・

 家族会がこれまで、何度同じお願いをしに官邸まで足を運んだことか?家族らのお願いは単純なこと、しかもこれ程わかりやすいお願いはない。早く、北朝鮮にさらわれた被害者を元に戻して、と言っているだけ。多くの拉致が日本国内で実行され、北朝鮮へ連れ去られていった「ひとさらい」が誰によってどう実行されたのかは、ほぼ解明されているにもかかわらず、5人が帰って来てから7年も経つというのに、何もしないと思われても仕方ない程の政府や役人の対応。大人しい日本人もさすがに、怒らざるを得ない程、遅々として進まない拉致問題。何をやってるのか?全く見えない。民間じゃ考えられない。指示しない指示されない、政治家と役人の不作為が延々と続き、やるやると言いながら結局何もしていないのと同じ状態が続いた。
 結果を出すこと、具体的行動、そして何より北朝鮮がどう転んでもいいように、しっかりした戦略を打ちたてその準備を今すぐにでも始めるべきであるとわたしは思う。
 日本国内にある情報を収集するだけでなく、それを分析、活用して次につなげるぐらいのことは今すぐにでもできるだろうに・・・と、ぼやきたくなる。
 家族は拉致問題から逃れることはできない。解決するまで、解明できるまで拉致問題を追及し続ける。それが、家族。
 その日本の家族の集合体が日本を構成している。その家族がこれ程がんばっているのだから、今度こそ家族の思いを願いを・・・・
 すべての拉致被害者の無事な帰国を救出を・・・新政権に託したい。
 
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中