少年時代

 「少年時代」と言えば、皆さんそれぞれの思い出や忘れられないことが必ずあると思います。
 私の場合、1歳上の兄との思いが今でも鮮明によみがえる。生まれてから私が18までずっと同じ屋根で過ごし生活を共にしてきた弟として、今 北朝鮮のどこかにいるであろう兄 藤田進との思い出は色々ある。もの心付く頃にはいつも、一緒にいたし、兄の真似をするのだが、何をしても兄のように上手くできない。1才しか違わないのに、すべてにおいて兄の方が遥かに進んでいた。まさに名前の通り、進。特に、運動に関しては、ずば抜けていたことを今でも思う。忍者のように、部屋の壁を伝っていたし、鉄棒では大車輪をしていたし、小学校時代にはバク転、バク中をすでにマスターしていた。水泳では小6の時、全国学童大会で自由形で6位、中学ではバレーボール部なのに相撲大会に出場し個人2位に、高校では一転してギターをはじめ、間もなく「アルハンブラ宮殿の思い出」などをすらすら弾いていた。その頃、井上陽水のアルバムをよく聞いていたことを思い出す。
 今日は、その井上陽水の「少年時代」をYou Tubeの動画で・・・・歌はかわぐち盛人コーラス隊の方々です。
「盛人コーラス隊」の皆さんによる合唱「少年時代」
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中