蓮池透(帰国できた蓮池薫さんの兄)さんの発言

 去る、9月15日に行われた集会での蓮池あにの講演内容の詳細が「掲示板 声よ届け 波濤の彼方へ」http://6827.teacup.com/sawamura/bbs/24455に投稿されているので、詳細はそちらをご覧ください。
 蓮池あに は講演の最後でこう述べている。「今、われわれがやるべきは制裁ではなく対話です。そのためには過去を、まず清算するのです。要はカネです。「北朝鮮は『日本は大金を持って謝ってくる』と期待している」と、弟は言っていました。制裁で困っているのは境港の人たちと在日の人たちだけです。これを効果があったというのでしょうか。まず、やるべきことをやるべきです。私は、そう思います。」と・・・
 
ならば、私は問いたい。
 今、蓮池あにがやるべきことは、講演会の参加ではなく、元いた家族会との対話です。と・・・そのためには過去の清算ではなく、過去の洗脳からの開放です。要は、誤解や思い込みの是正です。北朝鮮が欲しがっているのは金や物であることぐらい誰でも知っています。制裁で最も困っているのは、現政権です。制裁に効果があったということです。まずやるべきことは、カネを与えることではなく すべての拉致被害者を返さなければ日本は本気で金政権をつぶすよと言う、絶対に変わらない強い日本の意志と覚悟です。わたしは、そう思います。
 
 昨日、新しい政権が誕生した。拉致問題の進展を期待したい。
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中