日本人拉致はまだ続いている

 予備役ブルーリボンの会が実施した、拉致のシミュレーションの詳細が、そのホームページにのっている。http://www.yobieki-br.jp/index.html 
その、ホームページの冒頭の言葉が、「日本人拉致はまだ続いている」。この言葉の意味をかみしめて欲しい。この言葉の意味する事を考えて欲しいと思っている。
 私は「拉致問題」の重大さと深刻さ、日本の根幹あるいは日本人の核となる最も重要かつ緊急の課題であると思って、このブログも始めた。おそらく、ほとんどの日本人はまだこの「拉致問題」への認識が低いし、その意味を理解していないのではないのかと思っている。だから、毎日のようにブログの更新をし、多くの方々に知ってもらいたいという思いから様々な情報を私の知る限りのことをこのブログでご覧の皆さんに伝えようと思っている。
 昨日、浦和駅前にて署名活動とビラ配りを行った。救う会埼玉と拉致問題を考える川口の会の2団体とそのボランティアの方々さらにコスモスの会、桜応援団も応援に駆けつけてくれた。そして、予備自衛官補でもある若い女性も参加。田口八重子さんの兄弟と特定失踪者家族も参加し計27人で2時間の活動を終えた。そのあと、守る会の三浦小太郎さんと北朝鮮から脱北した、16歳の時に在日帰還事業で北へだまされて行って日本に戻ることができた方の貴重な話をまじかで直接聞くことができた。当事者に話を聞くのは初めてで、とてもいい経験をさせて頂いた。16歳まで日本で生活していたため、日本語はぺらぺら。当たり前であるが、わたしは驚いた。言葉、しかも生まれ育ったところの言葉は何年経っても忘れはしない、すばらしい人間の能力と文化を改めて感じた。
 彼も言っていたが、日本は北朝鮮のことを今もわかっていないと・・金政権の本質を理解していないと・・日本の甘さや足元を見て知っていることを・・・・・
 まだまだ、多くの日本人拉致被害者や日本人妻などがいるであろうことも言っていた。私が常々言っている思っていることが、間違っていないしまだまだ、日本がするべきことはたくさんあることを学んだ。
 日本人拉致はまだ続いている。
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中