民主党政権のアキレス腱

 長く続いた自民党政権が終わり、民主党政権になろうとしているが、浮き足立ってもいられない。過去、村山社会党内閣や細川内閣が一時のブームで終わり、長くは続かなかったことを思い出して欲しい。熱し易く、冷め易いのが今の日本のだめなところで、急に変わる訳がないし、変われないと思う。安定を志向する特に役人・公務員・官僚が急激な変化に対応できないことは、これまでの過去を振り返れば容易に想像できる。
 民主党の中にいる議員や関係者の内訳を見ていくと、自民党以上に左右の人物がいかに多くいることがすぐわかる。数が多けりゃいいてもんじゃない。数の論理は、小沢前代表が旧田中派の秘蔵っ子であった過去の自民党そのものを踏襲しているに過ぎない。小沢前代表のこれまでの志向で一貫しているのが「数」。民主主義の行き着く原理は「多数決」。それを極限にまで追求すると、全員賛成の独裁国家になって、いずれ北朝鮮のようなトンデモ国家になってしまう。そして、なによりそうした不安を一層感じるのが、社民党(旧社会党)との連立である。さらに、民主内部のいわゆる左よりのブループである。社会主義思想やイディオロギーにかぶれた過去の人たちが蔓延する民主党政権のアキレス腱になることは間違いない。
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中