同級生

 兄 藤田進の高校の同級生Mさんと初めてお会いしたのは、5年前の8月1日のことです。その日は、兄の高校の同窓会が大宮で行われるという案内状が我が家にきたので兄の代理で出席させて頂いた。会の冒頭、兄が北朝鮮に拉致された可能性が高いことの話をさせて頂いた。また、6時から始まるTBSの報道特集で北朝鮮から届いた1枚の写真に写る人物が、兄 藤田進 であることが日本全国に報道された日でもある。わたしもこれまでに数回テレビに出たことはあるが、これだけ本格的に兄のことがテーマでテレビに出るのは生まれて初めての経験だった。
 その日から5年後にも、同じ浦高の同窓会があることを知ったのが、たまたま行っていた浦和の駅前署名の時だった。さっそく、署名活動を終え2度目の同窓会に参加させてもらった。その時の幹事が母校で教鞭をとられている方と兄が所属していたJRCというクラブ仲間で、兄を良く知る人であった。快く、兄の代理での同窓会の参加を歓迎してくれた。本来なら、兄 藤田進が出席すべきことだが、日本に帰って来れないので弟の私が代わりに出た。何度か自分の同窓会にも出席した経験から、男子校独特の男臭さを感じた同窓会であったが、同じ世代を時代を生きてきたし、1学年下だったことと、私も同じ浦和市内の高校に通って同じ空気を吸ってきたので、会話には違和感がなく自分の同窓会に出席しているのではという錯覚さえ覚えた楽しい同窓会であった。その同窓会でお会いしたMさんはそれ以来、兄の救出のために、拉致された方々のために毎月、浦和や川口での署名活動に協力して頂いている。さらに、明日(8・22)行われる、川口の集いの様々なお手伝い(特にIT)を自らして頂いて感謝すると共に、大変助けられている。同級生というのはありがたいものです。
 兄が戻った時、私からよくよく兄に話そうと思っている。
 そして明日(8・22)の 拉致問題を考える川口の集い のプログラム最後に兄の地元川口の中学時代の同級生Kさんが大会宣言をしてくれる。
 
兄の同級生Mさんのブログです。http://blog.imadokipc.com/archives/2009/08/post_815.html
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中