衆院総選挙 公示 選挙戦スタート

 本日(8・18)、いよいよ衆議院の総選挙が公示され、本格的に次期の衆議院議員を決める戦いの火蓋が切って落とされる。
 マスコミの論調、世間の風潮では民主党の優勢がさけばれているが、果たして人の本音はそうだろうか?
  不甲斐ない自民と右左まぜこぜの民主、さらに公明や共産、社民、国民、幸福実現・・・いろいろ出てきてよりどりみどりで良いんだか悪いんだかわからないが、俺がおれがの候補者の演説やウグイス嬢による候補者の名前や政党の連呼は勘弁願いたい。だれが衆議院議員になり、どの政党が政権を取るかは国民の投票に掛かっている。議員になろうという方々、国会議員を目指す候補者にはこれだけは言っておきたいことがある。それは、国の方向性を決める重要な重い責任と任務をまかされる選挙であるという自覚と覚悟を持って欲しいと・・・地方議員を決める選挙ではないこと・・・政党の為だけに戦うのではいこと・・・いろいろあるが、拉致問題をどう解決するのかの明確な指針と決意を持ってもらいたいと願っている。8・22投票日までの舌戦を期待したい。どんな政権になろうとも、拉致問題は絶対に解明解決して欲しい。と願うのは私のわがままだろうか・・・・
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中