高野清文さん 33年目の夏

 今から33年前の昭和51年7月30日、電気通信大学2年(19)だった若き青年が大学寮の仲間と神津島へ行き行方不明になった。
特定失踪者問題調査会の失踪者リストに出ている長野県出身の青年 高野清文さんだ。
http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?word3=80&mode=search3
 私が調査会に兄 藤田進の失踪を届け出て、しばらくしてから 高野清文さんの妹さんにお会いした。兄と高野さんは同じ年令、同じ昭和51年に失踪、同じ武蔵野地域に籍を置く大学生・・・何か失踪の理由やつながりが見つかるかもとお互いの情報を交換したり、高野さんの実家がある長野にも行って、ご両親や弟さんともお話をさせてもらった。
 清文さんの妹、みゆきさんとは講演会で何度か一緒に話をさせてもらった。彼女はこの問題にとても熱心に活動し様々な情報を誰にでも理解できるようにと、資料を自ら作っている。その一例が「大町ルート」の地図である。
さらに、自らホームページでも情報発信している。http://konaboration-ssq.seesaa.net/
 早いもので、調査会での妹さんとの初対面から6年、高野清文さんの失踪から33年も経ってしまった。
今年こそはと、毎年思うのだが国の国内の拉致問題への取り組みがよく見えない。全力を尽くすとは言ってくれるものの、実質上の進展がない。
高野さんのご家族は今も、清文さんが笑顔で帰って来ることを待ち望んでいる。暑い33年目の夏である。

調査会ニュースより
■定例記者会見について

 (株)NetLive のホームページで中継を行いますのでこちらをご覧下さい。

NetLiveのホームぺージは http://www.netlive.ne.jp です

日程 7月30日木曜 14:00~

場所 調査会事務所3F

内容 0番台リスト追加発表
        「しおかぜ」収録について
       他

■NetLiveでインタビュー放送

上記記者会見を中継して下さっている(株)NetLive(砂川昌順代表)では明日29日水曜12:10より(再放送は20:10より)番組「The Interview」を放送します。ゲストは調査会代表荒木です。 NetLiveのホームページ http://www.netlive.ne.jp でご覧下さい。なお、7月15日に放送した横田滋・早紀江夫妻のインタビューはオンデマンドで同じホームページからいつでもごらんになれます。

カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中