夏の失踪 寺島佐津子さん

 昨日の夕方雨が止んだと同時に、東の空に虹が出て、通勤帰りのOLやサラリーマンが携帯カメラで写していた。私もご多分にもれずシャッターを押した。
夏になると、花火大会や夏祭りがそこかしこで開催される。今度の土日には川口たたら祭り、戸田橋で花火大会がある。
 その、花火大会(鎌倉)の帰りに消えた若い女性がいます。http://www.listserver.sakura.ne.jp/cgi-bin/list/list3.cgi?word3=228&mode=search3
彼女の名前は寺島佐津子さん、当時19才で銀行員。30年前(昭和54年の8月10日)のあってはならないできごとです。寺島佐津子さんもこの7月26日で、49才。彼女は調査会の調べで、1000番台の拉致濃厚の失踪者で、おそらく今、北朝鮮のどこかで生きていて、日本に帰れる日を待ち続けているに違いない。30年前に起きた悪夢を思いだしては涙していることが想像される。銀行員と言うのも気になる。失踪した川口の新木章さんと佐々木悦子さんも同じ銀行員だ。
 拉致を指示した人物や拉致の実行犯・協力者はいまだに誰一人捕まっていない。
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中