金正日を国際刑事裁判所に提訴~反人道犯罪調査委員会が結成

調査会ニュースよりコピペ

韓国の「拉北・脱北人権連帯」の都希侖(ドヒユン)代表から「24日に韓国にいるようなら、国際刑事裁判所に金正日を告訴するための調査委員会(反人道犯罪調査委員会)が結成されるので参加して欲しい」と要請され、大澤さんらと分かれた後この設立記者会見に参加してきました。

 会場はソウルの中心部にあるプレスセンターで、参加者が300人位来ていたでしょうか。拉北・脱北市民連帯が幹事役になり多数の団体が参加していました。あまり広くない会場でしたが満員でした。私も「せっかく日本から来たのだから」ということでスピーチをする機会を与えられ、下手な韓国語で話してきました。

 金正日を国政刑事裁判所に提訴する話は日本でも出ており、関係団体の間で検討課題になっていますが、今後可能であれば協力をしていきたいと思います。以下とりあえず当日発表された声明書を掲載します。なお、原文で「北韓」(韓国では「北朝鮮」と言わず通常「北韓」と言う)になっている部分は「北朝鮮」になおしてあります。

 ■金正日を国際刑事裁判所に提訴する調査委員会韓国で設立
 
<声明書>

 金正日を国際刑事裁判所に、北朝鮮住民に自由を!

 北朝鮮では金正日による、金正日のための、統治が続いており、北朝鮮住民の生存は崖っぷちに立たされている。
 金正日の暴圧統治はキリスト教者と脱北者に対する公開銃殺、女性と子供の性蹂躙、飢えと外国人拉致など、今まさに北朝鮮の地でおきている反人道的犯罪そのものである。

 北朝鮮住民は飢えて死につつあるのに天文学的な資金で核兵器を作り国際社会を脅迫し、金日成、金正日世襲統治でも足らず3代権力世襲で北朝鮮住民を崖っぷちに追い込んでいる。

 我々はかつて親北左派政権において始まった北朝鮮金正日政権に対する無差別対北バラマキをしっかりと記憶している。「わが民族同士」という感傷的スローガンによって大量の物資が人道的次元で支援されたが、北朝鮮住民は今も飢えに苦しんでおり、先軍政治のスローガンの下金正日とその追従勢力を肥え太らせてきた事実を忘れることはできない。

 これに私たちは金正日とその追従勢力を徹底して排撃し、ただ北朝鮮住民の生存と自由伸張のために闘おうとするものである。

 国際社会では国際刑事裁判所という正義の機構があり各国で発生する大量虐殺と反人倫的犯罪行為を処罰することによって国際社会の正義を打ち立てる努力をたゆみなく続けている。

 国際刑事裁判所はその努力の一環としてスーダンのダルフール虐殺事件に対する責任を問いスーダンの現職大統領であるオマル・アル・バシャルに対する逮捕令状を2008年3月4日発布し、コンゴの武装闘争家であるトーマス・ルバンガに対する未成年者誘引拉致、虐待、性暴力等反人倫的犯罪に対し裁判を行っている。国際社会の反人倫的行為者に対する処罰は歩みを止めていない。

 北朝鮮金正日とその追従勢力を国際刑事裁判所の法廷に立たせることは国際社会の正義を実現し韓半島の平和と安全そして北朝鮮住民に自由を享受させる歴史的なことだ。

 現在北朝鮮政権は国際的孤立を自ら招いており、北朝鮮住民は深刻な食糧難によって生命の安全を保障されずにいる。このような状況で北朝鮮はある日突然崩壊するかもしれず、このような北朝鮮の崩壊は金正日追従勢力による公公然たる虐殺、女性と子供に対する強姦と性暴力、人身売買、乳幼児殺害など善良な北朝鮮住民に対する残酷な人権蹂躙をもたらず可能性が高いのが現実である。

 このような危機状況で北朝鮮住民を残酷な人権蹂躙から保護する努力の一環として、金正日とその追従勢力を国際刑事裁判所の法廷に立たせるのは独裁者の暴圧統治を止まらせる大変効果的な方法になるだろう。

 また、同様な同胞である北朝鮮住民の惨状を目の前にして金正日の味方をしたり理念を持ち出す従北勢力は、金正日の共犯であり処罰されることがあることを理解しなければならない。韓国の全ての政治勢力、市民社会勢力、国民は北朝鮮住民を金正日から救うため一つの声で叫ぼう。

「金正日を国際刑事裁判所に! 北朝鮮住民に自由を!」

2009年7月24日 反人道犯罪調査委員会

カテゴリー: 朝鮮半島情勢  パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中