輿石東(こしいしあずま)ってどこのだれ?

 まず、このニュースを
民主党が、8月30日投票の衆院選後に政権の座についた場合、今年4月に導入された教員免許更新制の廃止を含めて、現行教員制度を抜本的に見直す方針であることが25日分かった。免許更新制については、同党を支援する日本教職員組合(日教組)が廃止を強く求めていた背景がある。

 教員免許の更新制は、安倍晋三内閣時代の平成19年6月に成立した改正教育職員免許法に基づいて導入された。教員の質の維持・向上のため、教員免許の期限を10年とし、免許更新のための30時間の講習受講を義務付けた。 だが、日教組は、「教員の時間的な負担が増す」などとして、廃止を求めてきた。日教組出身の民主党の輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長は5月16日、山梨市での山梨県教職員組合の定期大会に出席し、「(政府・与党は)教員免許更新制度などとふざけたことを言うな」と述べた。さらに、今月25日には、甲府市で演説し、「政府は先生の身分にまで口を出す必要はない」と述べた。http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090726/elc0907260134001-n1.htm

輿石東氏のホームページより借用


 この人は、生涯 日教組の組員であることを公言している。日教組信者とも言える人物で、教員という立場から政治家という立場に替えて、日教組の活動家と思ったほうがいいかもしれない。同氏のホームページを見ると、聞こえのいい言葉の連発で、同氏の略歴を見れば、筋金入りの組員であることが伺える。彼の生い立ちは知らないが、目指す方向を見ていればおおよそのけんとうはつく。現、民主党の代表代行である輿石氏の目論見は、ほぼ順調にいっているようにも見えるが、賢明な国民が彼の存在をどう解釈しどう裁くのかは今後の国民の投票に掛かっている。今回の衆議院選挙には本人はかかわりがないが、彼の発言や動向には注目していきたい。

カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中