同じ地域 その1 

 特定失踪者の住所や学校、勤務先等々同じ地域での失踪がいくつもある。すでに紹介している矢島克己さんと小野寺将人さんは同じ北海道?で失踪している。
また、学校でいえば田口八重子さんと新木章さんが同じ川口の高校、私の兄 藤田進の通学していた大学が武蔵野地域にあり、同年の夏 失踪しているのが高野清文さんも同じ武蔵野地域の大学に籍をおいていた。しかも、失踪年が昭和51年で、同じ学年である。中央線沿線での若い男性の失踪も多発している。調査会の真鍋副代表が指摘する蹉跌と水あめを運ぶ 物流ルートの大町ルートでの失踪者が失踪者全体の6割7割にものぼるのには驚きを禁じえない。
 兄 藤田進と電気通信大学の高野清文さんは調査会ポスターの隣同士である。
 
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中