情報の発信源をつかめ

 田原総一郎の横田めぐみ、有本恵子は死んでいる発言の情報の発信源は外務省。
外務省の大臣、中曽根氏でさえ、田原の発言を非難している。田原氏の情報発信源は今後はっきりしてもらいたい。外務省の誰なのか。
日本の情報の発信源は個人の思い込みや思惑でしかないのか?いい加減な情報が今の日本のネット社会を闊歩している。これでいいのでしょうか?皆さん。
 地味ではあるが普通の生活を望んでいる、大半の日本人のこころを平気で揺さぶるジャーナリストはいらない。しかし、大半の日本の国民の安易な生活に対しても疑問を持つ今日このごろです。
 私は最近テレビを見ない、というより見る時間がない。たまに見るのだが、面白くないし、興味がわかない。これは年のせいなのかわからないが、どうでもいいことばかりを放送している気がしてならない。今、この時も 北朝鮮のどこかで、本人の意思とは関係なく不当に拉致され、監禁され、自由を奪われ続けている多くの日本人が、故郷日本に帰れる日を、今か今かと数十年も待ち続けている人々がいるのに・・・・・・・
 早く何とかしようよ。日本のトップ、日本政府。そして、自分の国の日本人が北朝鮮で自由を奪われ拘束され続けているというのに、なんら具体的な救出戦略すら立てられずにいるこの状態を誰が進めてくれるのでしょうか?どこまで、北のうそやはったりとつきあえばいいのでしょうか。
 ともかく、田原総一郎の死んでいる発言の情報源をはっきりさせろと言いたい。ガマン
カテゴリー: 拉致問題 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中